読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ofellabuta

おしゃぶり豚

2017年01月08日の日記

休日だが朝から雨。

山本雄二「ブルマーの謎」読了。密着型ブルマーが1960年代後半から急速に普及し90年代にまた急速に姿を消した背景の謎を追ったもの。著者は全国中体連と体操服メーカーである尾崎商事による組織的な関与を追うが、著者自身の調査でもあまりはっきりとした結論はでないまま。最終章の結論めいたものは結論ありきかなと思わせるかなり強引な展開。著者自身の思想的なバイアスをやや感じる。

ブルマーの謎: 〈女子の身体〉と戦後日本

ブルマーの謎: 〈女子の身体〉と戦後日本

夜、Amazonプライムで2005年フランス制作のサスペンス映画「ブラック・ボックス 〜記憶の罠〜」を観る。交通事故の昏睡状態から目覚めたものの、事故前後の記憶が定かでない主人公が自身の記憶を探るうちに自分でも忘れていた過去の事件の秘密に迫るというもの。監督・脚本はリシャール・ベリで「ぼくセザール10歳半 1m39cm」は過去に観たことがある。
前半の現実と幻覚がはっきりしない展開は映像表現含めてなかなかのものだったが、映画は何故か中盤になって前半の内容はすべて主人公が昏睡中に観た幻覚として物語を1から語り直すという展開に? 寺山修司の「田園に死す」を思わせる大体な演出だけど、中盤以降の展開は汎用なサスペンスという感じで、最後にオチも唐突。ヒロイン役のマリオン・コティヤールは魅力的。

www.imdb.com

プログラミング言語 Go」アラン・ドノバン&ブライアン・カーニハン 丸善出版 2016 読中 5章まで
ブルマーの謎」山本雄二 青弓社 2016 読了