読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ofellabuta

おしゃぶり豚

本棚にある本:戸川純全歌詞解説集

f:id:ofellabuta:20161126124759j:plain

戸川純全歌詞解説集 疾風怒濤ときどき晴れ」戸川純著 ele-king books 2016

音楽活動35周年(2016年現在)になる戸川純が、自身が作詞した歌詞を解説したもの。

足繁くライブに通うような熱心にファンではないが(そもそも自分には音楽を聴きにライブに行くという趣味はない)、もうかれこれ30年以上は戸川純が好きで聴き続けている。
桂文珍由紀さおりが司会をしていた関西ローカルの番組でサックスを改造して作られた腕カバー?を付けて「レーダーマン」を歌う戸川純を観たのが最初だと思う。(TOTOのCMやゲルニカで出たチェリオのCMはそれ以前だったかもしれない)ひと目で好きになって、それから多少の波はありつつもずっと好きだ。今の自分を形作る思考や嗜好の何割かは戸川純の影響下にあるのは間違いない。

本は語り下ろしで、歌詞が書かれた当時の回想や意図を書き言葉ではない語り下ろし特有のちょっと生々しい感じの言葉で綴られているのが良いと思った。マニアには周知のことかもしれないが、「諦念プシガンガ」の「我一塊の肉塊なり」が本当は「我一介の肉塊なり」だったとか新たな知見も数々あってファンとしての読み応えは高い。ただ、残念なのは権利の問題か紙幅の都合かすべての歌詞が掲載されていないこと。多少値段が上がっても全部掲載して欲しかったなぁ。

戸川純全歌詞解説集――疾風怒濤ときどき晴れ (ele-king books)

戸川純全歌詞解説集――疾風怒濤ときどき晴れ (ele-king books)